世界最大の映画祭

市販のクレンジングで肌荒れ|石油系界面活性剤はタンパク質を破壊する

市販のクレンジングでめっちゃ肌荒れするのはどうして?

こんな悩みをよく聞くわね

スーパーやドラッグストアで売られてる
クレンジングのことを言ってるんだと思うけど、
どうして荒れるのかしらね?
どんな種類があるのかしら?

市販されてるクレンジング剤の種類は、
・オイルクレンジング
・ミルククレンジング
・ジェルタイプ
・クリームタイプ
・ふきとりシートタイプ
などがあってどれも一長一短

ここで私は思ったの
じゃあクレンジングで肌荒れするならクレンジング剤なしで
メイクを落とすことはできないのか?ってね!

でも残念ながら私のこの疑問に対する答えは
様々な理由から「無理」だってことがわかったの
基本的にメイクには油分が入ってるものが多いし皮脂だって脂

汚れを落とさないと角質が厚くなって毛穴に汚れがたまって
黒ずみやくすみの原因になるのよ

それにマスカラやアイメイクはこすって取れるものじゃないから
やっぱりクレンジング剤は必要なのよね
ならば、何を使うか?が大切なのよ!

市販されている安価なクレンジング剤や洗顔石鹸には
「石油系界面活性剤」という成分が含まれるものが多いから
肌荒れする人が続出してるんじゃないかと思うの

なぜクレンジング剤や洗顔料、シャンプーなどに界面活性剤が含まれるのか?
界面活性剤とはどんなものなのか?これを知れば納得するわよ!

界面活性剤って何?

界面活性剤は私たちの生活に欠かせないもの
汚れを乳化させ洗浄効果があるので洗剤などにも含まれているの
しかし界面活性剤にもさまざまな種類があって天然素材(植物由来)のものや、
石油系から合成されたものがあるのよ

 合成されたものはより洗浄力に
 優れたものになっているので
 汚れに浸透して人の汚れ
 (たんぱく汚れ)を強力に分解するの

 石油系界面活性剤は安く大量に作ることが
 できるので、シャンプーや洗顔料、
 クレンジング剤、化粧品などにも
 使われてるのよ
 確かによく落ちるわよね

それはすなわち顔のたんぱく汚れも強力に落としてくれるってこと
もっと言えば皮膚から浸透してたんぱく質(角質層など)を
破壊してしまうってことなの

もともと肌が弱い人やアトピー性皮膚炎、乾燥肌など肌荒れしてる人が
石油系界面活性剤入りの洗顔料やシャンプーを使ってしまうとより荒れてしまうのよ

だけど商品の裏を見たところでどれが石油系なのか天然系なのか、
そもそも天然系だったら安全なのか?という疑問にぶち当たった・・・

石油系にもビックリするほど種類がたくさんあって一見すると
「なんじゃこれ!?」っていう成分名のものばかり

酢酸モノステアリン酸グリセリル、脂肪酸グリコール、
ドデジルベンゼルスルホン酸、ヤシ脂肪酸ソルビタン、硫酸化ヒマシ油・・・
ちょっと挙げただけでもサッパリだわよ

しかし私はここでまた「天然系界面活性剤は安全なのか?」
という疑問にぶち当たったの
「自然由来」「植物由来」「天然由来」・・・
会社によって表現が違うし・・・とか色々悩んだの

いまだによくわからないことが多いけど、ひとつだけ言えることは、
天然由来=100%いいものとは限らないってこと

天然由来の原料を使って合成界面活性剤を作ることもあるでしょうから・・・
だから私たちは石油系より天然系のものを、そして石油系界面活性剤不使用の、
より肌に優しいものを選ぶといいかもしれないわ

断定ができないのは天然系のものにも
アレルギーや肌荒れの原因になる可能性があるからよ
人によってアレルゲンは違うし無添加のものでも荒れるときは荒れるの

ただあまりにも安すぎるクレンジング剤や洗顔料は要注意かもしれないわ

私が見つけたクレンジング剤は植物系由来の界面活性剤不使用のもので、
肌荒れもなくしっとりするから気に入ってるの
ダブル洗顔もしなくていいし楽ちんなのよ!

お肌の曲がり角(25歳くらい)を過ぎたら
一度自分の化粧品を見直してみるといいわね!
私みたいに肌に合ったものが見つかるとお化粧も楽しくなるから!